歯のコラムやニュースを掲載中!

歯が痛いときの対処法

夜中などに突然歯が痛くなったらどうしたらよいか困ってしまいます。

痛いということは虫歯がエナメル質を溶かして象牙質か、もしくはその先の神経組織まで達して炎症を起こしている状態です。ここまでいったら医師の治療を受けないとどうしようもありませんが、すぐに治療することができない場合もありますので、なんとか痛みを和らげる対処法を紹介します。

まず、市販の鎮痛剤を服用することで一時的に緩和させることができます。それでも痛みが抑えられないときは患部に直接塗るタイプの歯専用の鎮痛剤を使ってみるといいです。飲むタイプの鎮痛剤よりも効果があり、効き目が早いため数分で効いてきます。家庭用常備薬として知られている胃腸薬を詰めてみるのもお勧めです。

その他にも冷やしたりツボ押しをしたりする方法がありますが、いずれにしろ根本的な治療法ではありませんのでなるべく早めに歯医者さんに診てもらう必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2000年から2009年までの間に、子供を中心に虫歯の数の減少が著しくなっています。その背後…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2010年から2018年の時期は、インプラントの普及と技術革新の時代と言えます。2010年頃…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1950年代の歯科治療は、戦後に医療法の中に含まれていた分野が1948年に歯科医師法として分かれてか…

最近の記事

  1. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    治療中などで歯が痛い時は、なるべく固い食材は避けた方が良いです。しっかり噛まなければならないお肉…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代に歯医者を悩ませたドリンクは多数存在していますが、特に歯を溶かすといわれているpHが低い…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    災害の遺体確認等の際に歯の特徴や治療の跡を照合することは最近知られてきたことですが、広島大学と神奈川…
PAGE TOP