歯のコラムやニュースを掲載中!

歯は痛いけど歯医者には行きたくない!そんなときの対処法

歯が痛い状態というのは、その場所が炎症を起こしてしまっている可能性が高いと考えられます。

そんな時は可能であれば歯医者さんに行きしかるべき診断を受けたうえで治療を受けるのが望ましいと言えます。ただし時間がなかったり歯医者さんへの苦手意識から可能であれば行かずにその痛みを乗り越えてしまいたいと考える場合もあることでしょう。

そのような場合にはその痛みを抑えるために氷水を駆使するのがおすすめです。その際には口の中を冷やすと同時に外からも同じように冷やすのがおすすめです。そうすることでより効果的に炎症を抑えることができるためです。その際にはタオルやバスタオルに氷を入れて歯が痛い場所のほほの部分を当てるようにしてください。

こうすることで神経を麻痺させてその痛みを和らげることができるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2000年から2009年までの間に、子供を中心に虫歯の数の減少が著しくなっています。その背後…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1960年代に入ると日本は高度経済成長期に突入し、以降は1969年まで60年代を通じて驚異的な経済成…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2010年から2018年の時期は、インプラントの普及と技術革新の時代と言えます。2010年頃…

最近の記事

  1. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    プラークと呼ばれている口の中の細菌の塊が、口臭の原因であると考えられています。口の中の細菌が原因…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1950年代の歯科治療は、戦後に医療法の中に含まれていた分野が1948年に歯科医師法として分かれてか…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1990年代の歯に関する大きな出来事と言えば、まず第一に市販の歯磨き粉にフッ素が含まれるようになった…

関連リンク

  • コーディネート  投稿

    コーディネートの投稿を楽々反映♪それが売上に直結します!最近ではTwitterやインスタグラムを導入しているアパレル店舗が多くあります。けれど、労力と売り上げが見合っていないとき、ありますよね。興味のある方はぜひ一度当サイトまでお越しください。

    www.staff-start.com/

PAGE TOP