歯のコラムやニュースを掲載中!

口臭と歯周病の関係性

口臭を気にしている人は多いですが、口臭の原因のひとつは歯周病です。

歯周病菌が増殖すると血液や細胞などのタンパク質を分解しますが、その際にガスが発生します。このガスが口の臭いの原因になります。

歯周病が進行すると腐敗臭が漂うことがあるので、周囲にも歯周病であることがわかります。クリニックに行けば口臭物質を計測できる測定器があり、何が口臭の原因なのかを調べてもらえます。原因を調べてクリニックで適切な治療を受けることで口臭をなくすことができます。気になる口の臭いは毎日の丁寧なケアで防ぐことが可能です。日本人は正しいブラッシング方法を知らずに自己流で磨いている人が多く、汚れが完全に落ちていないケースがあります。

正しいブラッシング方法を習うことで、磨き残しがなくなり歯周病を防ぐことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代の歯科治療には、虫歯治療の際にアマルガムと言う金属がよく使われていました。歯科修…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1990年代の歯に関する大きな出来事と言えば、まず第一に市販の歯磨き粉にフッ素が含まれるようになった…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1960年代に入ると日本は高度経済成長期に突入し、以降は1969年まで60年代を通じて驚異的な経済成…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1960年代と言えば、日本は高度経済成長時代を迎え、著しい経済成長を邁進していた時代でもあります。…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    この時代の口臭の定番の解決法といえば「ガムを噛むこと」です。ガムを噛むことでリラックス効果も期待…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1960年代に入ると日本は高度経済成長期に突入し、以降は1969年まで60年代を通じて驚異的な経済成…

関連リンク

  • 大宮 精神科

    大宮で精神科をお探しでしたら、ひろクリニックです!不眠治療にも効果がある治療をいたします。心の病気は一生に病気。それ、治しませんか?興味のある方はぜひ一度当サイトまでお越しください。

    www.hakkoukai.net/

PAGE TOP