歯のコラムやニュースを掲載中!

口臭の原因は銀歯かも。銀歯の洗浄方法

プラークと呼ばれている口の中の細菌の塊が、口臭の原因であると考えられています。

口の中の細菌が原因で、独特な不快感のある匂いを出すのです。丁寧にブラッシングをすればプラークは落ちるのですが、歯の間についてはなかなか汚れを除去することが難しいと言われています。

もとより食べ物が挟まりやすいですので、少しばかりブラッシングをしただけでは、きれいに汚れを取り除くことができないからなのです。歯の隙間は汚れが残存しやすい傾向がありますので、口臭や虫歯が出てくるのが多い部位であると言えましょう。また銀歯も口臭の原因となることの多い場所です。

マウスウオッシュで徹底的に洗うことで、匂いの原因となるものを徹底的に取り除くことが大切となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2000年から2009年までの間に、子供を中心に虫歯の数の減少が著しくなっています。その背後…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代の歯科治療には、虫歯治療の際にアマルガムと言う金属がよく使われていました。歯科修…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2010年から2018年の時期は、インプラントの普及と技術革新の時代と言えます。2010年頃…

最近の記事

  1. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    歯周病は10人に8人くらいは40代になって感染しているといわれている歯の疾患で、傷みもなく知らないう…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    平成も終わろうとしていますが、虫歯などに悩む方が多いのは時代をとわず数多くいらっしゃいます。すこ…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年代は、どこの歯医者にも行列ができるとニュース等で取り上げられたりする程に虫歯の洪水時代でし…
PAGE TOP