歯のコラムやニュースを掲載中!

口臭を防ぐには歯間ブラシがおすすめな理由

口臭を防ぐためには歯間ブラシを使うことがとても大事になります。

食べたものが歯の間に詰まって、それが歯垢になって臭いを発するのです。こうならないために歯ブラシを使ったらいいと考える方もおられますが、残念ながらそれだけではなかなか落とすことができません。

でも歯間ブラシなら簡単に食べかすを落とすことができます。間に詰まっている食べかすを出来るだけ綺麗にとることができるので、食べかすが残ってそれが臭いを発するということがなくなるのです。口臭を防ぎたいと思っているのであれば、このように食べかすを食べたあと取り除いてあげることが大事になります。

それだけで口臭を防ぐことに繋がりますし、安心して多くの人と会話ができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代の歯科治療には、虫歯治療の際にアマルガムと言う金属がよく使われていました。歯科修…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2000年から2009年までの間に、子供を中心に虫歯の数の減少が著しくなっています。その背後…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1950年代の歯科治療は、戦後に医療法の中に含まれていた分野が1948年に歯科医師法として分かれてか…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1968年は日本経済が非常に好調で人口も右肩上がりに増加していました。そのため歯科医を必要とする患者…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    歯に悪いドリンクとして1960年~1969年に考えられていたドリンクはpH5.5以下のものです。…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    久保倉弘孝氏は、神奈川県の医療法人敬友会の小机歯科医院と都筑キッズデンタルクリニックの理事長です。…

関連リンク

  • メンズファッション

    メンズファッションのZEROインターナショナルでは、モード系、モノトーン系のファッションアイテムをご用意。また、和紙を使ったムレない靴下はクラウドファンディングで大盛況。ぜひ一度当サイトまでお越しください。

    www.makuake.com/

PAGE TOP