歯のコラムやニュースを掲載中!

虫歯で痛いときの応急処置

虫歯で痛みを感じる時、治療をするべきですが夜中で歯科医院がやっていなかったり、用事があって忙しいときにはとりあえず応急措置をしておくしかありません。

まずやるべきことは口の中を清潔にしておくことで冷たい水だと痛みを感じますからぬるま湯でゆすいでください。それから波のように痛むのは血液の流れが関係していますから冷却材や氷をタオルでくるんで患部にあてて血流を抑えておきましょう。

それでも痛みが止まらないようであれば、鎮痛剤を服用するか、患部に塗ることで一時的にですが痛みを軽減することができます。でも痛みが軽減しても、虫歯の進行は止まっていないので、これらのことは根本的な解決にはなりません。

痛みに耐えられないようならば、救急車を呼んだり深夜にやっている緊急外来を利用することも考えるべきです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2000年から2009年までの間に、子供を中心に虫歯の数の減少が著しくなっています。その背後…
  2. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    歯のトラブルでは冷たいものや、熱いものを口にしたときに染みるということがあげられます。こうし…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年は昭和45年なので、第二次ベビーブームの真っただ中です。人口が急増して、高度成長期なので食…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1977年は日本の人口が増え続けていた時代なので子供の数も多く、歯科医で治療を受ける人の数も増加して…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    災害の遺体確認等の際に歯の特徴や治療の跡を照合することは最近知られてきたことですが、広島大学と神奈川…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    当時の虫歯解決法と云えば、何といっても抜歯でした。あの頃はまだ被せさえ贅沢なものとされていましたから…
SQLSTATE[HY000]: General error: 11 database disk image is malformed
PAGE TOP