歯のコラムやニュースを掲載中!

虫歯の治療後、食事はとっていいの?

虫歯の治療を終えた後に食事はとってもOKですが、治療の内容によっては注意が必要な場合があります。

例えば、治療時に麻酔をかけられた場合は効果がきれて感覚が戻ってくるまでは食事をとらないようにしたほうが良いです。虫歯治療時の麻酔は2~3時間程度できれるといわれており、これが麻酔後に食事をとるタイミングの目安となるでしょう。

また、歯が削られた場合は、被せ物ができるまでの間は硬いものは食べないようにするか、何らかの方法でやわらかくしてから食べるようし、歯にくっつきやすい食べ物については避けましょう。

被せ物がとれてしまうと、再び治療を受けなおさなければならなくなってしまい、余計な出費が生じてしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代の歯科治療には、虫歯治療の際にアマルガムと言う金属がよく使われていました。歯科修…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1950年代の歯科治療は、戦後に医療法の中に含まれていた分野が1948年に歯科医師法として分かれてか…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1960年代に入ると日本は高度経済成長期に突入し、以降は1969年まで60年代を通じて驚異的な経済成…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1952年に朝鮮戦争中でしたが、金日成主席は人民の無病長寿のためということで無償治療制度をするという…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    約20年前の1997年は、世界初のクローン羊の開発成功や、タイガー・ウッズのマスターズ最年少初優勝が…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1978年の歯に関するニュースの中で最もepoch-makingだったのは、国内の大手化学メーカーか…

関連リンク

  • くま 手術

    くまの手術をご検討中でしたらぜひ一度当サイトまでお越しください。寝れば、治るものではありません。まずその原因から究明するなら、ぜひ当サイトへ。

    www.biyou-clinic.jp/

PAGE TOP