歯のコラムやニュースを掲載中!

歯周病のとき、注意したい食べ物・レシピ

30歳以上の日本人の実に80パーセントがなっているという歯周病、歯の病気だけに食べ物によっては更に進行してしまうので注意が必要です。

歯周病になる原因としてプラーク・歯垢があります。すなわち悪化させたくなければプラークを増やすものを極力避けること、糖分の多いものや柔らかいものが危険です。もちろん全く食べないでいられるわけはありませんから、なるべく控えると共に食べた後はきれいに磨いて汚れを落とすようにしましょう。よく噛まないとならない食べ物の方が噛む行動の中でプラークが落ちやすくなりおすすめです。

食べ物ではないものの、タバコも唾液の分泌量を抑えることからプラークが付着しやすい環境を作り出すので、禁煙をおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1990年代の歯に関する大きな出来事と言えば、まず第一に市販の歯磨き粉にフッ素が含まれるようになった…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年は昭和45年なので、第二次ベビーブームの真っただ中です。人口が急増して、高度成長期なので食…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1950年代の歯科治療は、戦後に医療法の中に含まれていた分野が1948年に歯科医師法として分かれてか…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    近年では、健康的で美しい口元になりたいと願って歯科クリニックに定期的に通っている患者が急増しています…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    欧米では、1980年代に主流となっていた歯間掃除用具であるデンタルフロスは、日本の歯科医においても推…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1985年に歯の業界にとって新しい風が吹きました。高機能歯磨き剤のアパガードが販売されました。本…

関連リンク

  • 札幌 老人ホーム

    札幌で老人ホームをお探しでしたらぜひ一度当サイトまでお越しください。終活へ向けた方をサポートいたします。「やさしく思いやりの心」をモットーに精進しております。

    www.tgsupport.co.jp/

PAGE TOP