歯のコラムやニュースを掲載中!

歯周病のとき、注意したい食べ物・レシピ

30歳以上の日本人の実に80パーセントがなっているという歯周病、歯の病気だけに食べ物によっては更に進行してしまうので注意が必要です。

歯周病になる原因としてプラーク・歯垢があります。すなわち悪化させたくなければプラークを増やすものを極力避けること、糖分の多いものや柔らかいものが危険です。もちろん全く食べないでいられるわけはありませんから、なるべく控えると共に食べた後はきれいに磨いて汚れを落とすようにしましょう。よく噛まないとならない食べ物の方が噛む行動の中でプラークが落ちやすくなりおすすめです。

食べ物ではないものの、タバコも唾液の分泌量を抑えることからプラークが付着しやすい環境を作り出すので、禁煙をおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1960年代に入ると日本は高度経済成長期に突入し、以降は1969年まで60年代を通じて驚異的な経済成…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2010年から2018年の時期は、インプラントの普及と技術革新の時代と言えます。2010年頃…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年は昭和45年なので、第二次ベビーブームの真っただ中です。人口が急増して、高度成長期なので食…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2010年~2018年で歯を苦しめた美味しい甘い定番お菓子と言えば、昔からある小さい子供たちに人気の…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1960年~1969年で歯を苦しめた美味しい甘い定番お菓子と言えば、駄菓子屋で売られていた駄菓子でし…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2000年から2009年までの間に、子供を中心に虫歯の数の減少が著しくなっています。その背後…
SQLSTATE[HY000]: General error: 11 database disk image is malformed
PAGE TOP