歯のコラムやニュースを掲載中!

歯周病は自分で治すことが出来るのか

歯周病が重度に進行している場合には、自力で治すことは不可能ですが、初期の段階やなりかけの段階の場合には自分で治すことは可能となっています。

初期の歯周ポケットができている段階の場合には、歯茎を入念に磨くようにしたり、歯間ブラシやデンタルフロスなどを使うことで原因となる歯垢の定着を防ぐことが可能になります。

こうした対策方法を行うことで自力で改善していくことが可能ですから、病院などで診断された場合や警告を受けた場合には、入念にケアをしていくことを考えるようにしましょう。

毎日気をつけながらケアをしていくことで、自分で治すことができるようになりますから、とにかく毎日の状態のチェックなども必要になってきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    歯のトラブルでは冷たいものや、熱いものを口にしたときに染みるということがあげられます。こうし…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1950年代の歯科治療は、戦後に医療法の中に含まれていた分野が1948年に歯科医師法として分かれてか…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1960年代に入ると日本は高度経済成長期に突入し、以降は1969年まで60年代を通じて驚異的な経済成…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2010年10月8日から、2010年12月27日にかけて、歯科医療に関するアンケート調査が行われまし…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1952年に朝鮮戦争中でしたが、金日成主席は人民の無病長寿のためということで無償治療制度をするという…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1950年代の日本といえば、1956年に「もはや戦後ではない」という言葉が流行し経済的にも発展し始め…
PAGE TOP