歯のコラムやニュースを掲載中!

歯周病は自分で治すことが出来るのか

歯周病が重度に進行している場合には、自力で治すことは不可能ですが、初期の段階やなりかけの段階の場合には自分で治すことは可能となっています。

初期の歯周ポケットができている段階の場合には、歯茎を入念に磨くようにしたり、歯間ブラシやデンタルフロスなどを使うことで原因となる歯垢の定着を防ぐことが可能になります。

こうした対策方法を行うことで自力で改善していくことが可能ですから、病院などで診断された場合や警告を受けた場合には、入念にケアをしていくことを考えるようにしましょう。

毎日気をつけながらケアをしていくことで、自分で治すことができるようになりますから、とにかく毎日の状態のチェックなども必要になってきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    夜中などに突然歯が痛くなったらどうしたらよいか困ってしまいます。痛いということは虫歯がエナメ…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年は昭和45年なので、第二次ベビーブームの真っただ中です。人口が急増して、高度成長期なので食…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代の歯科治療には、虫歯治療の際にアマルガムと言う金属がよく使われていました。歯科修…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2004年に起こった歯の注目ニュースは日本デンタルショー2004の開催です。このショーは4年に1…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1965年には大塚製薬よりオロナミンCが発売されましたが、含まれている成分には糖分があるため虫歯の原…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1998年は歯のニュースを含めて大きなニュースが多くあった年でもあります。夏になるとエルニーニョ…
PAGE TOP