1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1950年~1959年の歯に関する時代背景とは

1950年代の歯科治療は、戦後に医療法の中に含まれていた分野が1948年に歯科医師法として分かれてからまだ時間が経っていない状態でした。

そして保険の存在もまだない時代だったので、治療を受けるためには全て自費で支払わなければならず、簡単に手が出せるものではないものでした。1959年に国民健康保険法が施行されたことで、全額負担をしなくてもよくなっています。その時点での負担は5割りでした。

もともと歯科治療そのものは明治の頃から発展を続けてきたものなので、戦前から技術的にも治療が行なえる環境はありました。ただ戦争によって歯の治療どころではなく、一度土台を整え直して新しい制度が出来たと考えられるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2010年から2018年の時期は、インプラントの普及と技術革新の時代と言えます。2010年頃…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年は昭和45年なので、第二次ベビーブームの真っただ中です。人口が急増して、高度成長期なので食…
  3. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    夜中などに突然歯が痛くなったらどうしたらよいか困ってしまいます。痛いということは虫歯がエナメ…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    90年代の解決法の定番はマウスウォッシュです。口臭を解決するには歯を磨くというのが一番ですが、歯磨き…
  2. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    良い歯医者さんと聞くと、まず考えつくのが「施術の腕が優れている人」です。確かに、腕のいい歯医者さ…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1989年というのは激動の可能性を秘めた年でありました。1989年に、旧文部省(現文部科学省)が…