1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1950年~1959年の歯に関する時代背景とは

1950年代の歯科治療は、戦後に医療法の中に含まれていた分野が1948年に歯科医師法として分かれてからまだ時間が経っていない状態でした。

そして保険の存在もまだない時代だったので、治療を受けるためには全て自費で支払わなければならず、簡単に手が出せるものではないものでした。1959年に国民健康保険法が施行されたことで、全額負担をしなくてもよくなっています。その時点での負担は5割りでした。

もともと歯科治療そのものは明治の頃から発展を続けてきたものなので、戦前から技術的にも治療が行なえる環境はありました。ただ戦争によって歯の治療どころではなく、一度土台を整え直して新しい制度が出来たと考えられるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代の歯科治療には、虫歯治療の際にアマルガムと言う金属がよく使われていました。歯科修…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1960年代に入ると日本は高度経済成長期に突入し、以降は1969年まで60年代を通じて驚異的な経済成…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2000年から2009年までの間に、子供を中心に虫歯の数の減少が著しくなっています。その背後…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2003年に起こった歯のニュースとしてあげられるのが、neossの台頭です。この会社はインプラン…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1983年の日本歯科医学会学術研究費の助成を得た日本小児歯科学会は、日本における小児の萌出時期に関す…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1950年代の日本といえば、1956年に「もはや戦後ではない」という言葉が流行し経済的にも発展し始め…

関連リンク

  • 京都 インプラント

    京都市でインプラントをご検討中でしたらぜひ一度当サイトまでお越しください。もし、歯のお悩みがあれば、まずはホームページに行くことをおすすめします。サイトから店舗の雰囲気などが伝わるものです。

    www.sanjo-yamaguchi-mti.jp/

PAGE TOP