1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1950年~1959年に人気があったデンタルグッズ

現在では多種多様なデンタルグッズが販売されており、電動歯ブラシやマウスウォッシュ・フロスなどどなたでも気軽に購入することが出来ます。こ

れだけデンタルグッズが販売されている背景には、日本も北欧や欧米におくれを取りましたがオーラルケアの重要性が認識されたからだといえます。各時代ごとにデンタルグッズの流行りはありますが、1950年~1959年にかけて流行ったものは「ナイロン製歯ブラシ」です。

それまでは中国産の豚毛と牛の脛骨を柄にした歯ブラシが市販されており大変高級なものでした。多くの庶民は竹の先端をブラシ状にしたもので歯を磨いていましたが、1950年に初めてナイロン毛とプラスチック製の柄が付いたブラシがアメリカから輸入されて安価でしっかりと歯磨きが出来ると人気グッズになりました。

その後国内でも生産されるようになり、オーラルケアには欠かせないアイテムになっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1950年代の歯科治療は、戦後に医療法の中に含まれていた分野が1948年に歯科医師法として分かれてか…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代の歯科治療には、虫歯治療の際にアマルガムと言う金属がよく使われていました。歯科修…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1960年代に入ると日本は高度経済成長期に突入し、以降は1969年まで60年代を通じて驚異的な経済成…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    私たちが普段から口にしている飲み物のなかには、身体には特に悪影響を与えるわけではないにもかかわらず、…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1967年に歯の解剖学という本が金原出版から出ています。1967年という年は、日本専売公社が葉巻たば…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1954年には医療法・医師法(歯科医師法)が発行されています。この年の出来事ですが、1月には皇居…
SQLSTATE[HY000]: General error: 11 database disk image is malformed
PAGE TOP