1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1950年~1959年に活躍した歯科界の人

1950年~1959年にかけて、虫歯に苦しんでいる人がたくさんいました。それは子どもだけに限らず大人も含まれています。

歯科診療所を利用している患者の割合が高くなっており、社会問題までに発展していったという歴史があります。この時代は所得が高額となっている人もたくさんおり、高級車を乗り回したり贅沢な暮らしをしていた医者もたくさんいます。

このことは歯医者の需要が高まっていたということが大きな要因の一つです。高所得な職業として世間の人から羨ましがられていた職業であったといるでしょう。これは全国的に言えることであり、歯科医であればほとんどの人が活躍していたと考えられています。

現代は歯医者がたくさんいるため、この頃のように稼げなくなっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1950年代の歯科治療は、戦後に医療法の中に含まれていた分野が1948年に歯科医師法として分かれてか…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年は昭和45年なので、第二次ベビーブームの真っただ中です。人口が急増して、高度成長期なので食…
  3. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    歯のトラブルでは冷たいものや、熱いものを口にしたときに染みるということがあげられます。こうし…

最近の記事

  1. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    虫歯の治療を終えた後に食事はとってもOKですが、治療の内容によっては注意が必要な場合があります。…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1977年は日本の人口が増え続けていた時代なので子供の数も多く、歯科医で治療を受ける人の数も増加して…
  3. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    歯磨きをしても口臭を気になって、息清涼カプセルやミントタブレットなどを食べることもあると思います。…
SQLSTATE[HY000]: General error: 10 disk I/O error
PAGE TOP