1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1950年~1959年の歯痛の定番解決法

現在では優れた鎮痛剤がドラッグストアでも販売されているので、歯痛に襲われても一時しのぎのために薬を服用することで何とか応急措置にはなります。

ところがそのような優れた鎮痛剤も販売されていない1950-1959年代といえばそれほど洗練された方法はありませんでした。クリニックでも太い注射器の時代です。

家庭での歯痛対策というのもかなり荒療治に分類される方法が一般的だったわけです。まず食べかすなどを水などですすいで取り除きます。そして虫歯の穴などにイソジンなどの創傷の消毒薬をガーゼなどに浸して微細なボール状に加工したものを詰め込むというものです。

消毒箇所をすすることで細菌を殺菌させることを企図した方法ですが、痛みどめの点ではどれほどの効果を期待できたのでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    夜中などに突然歯が痛くなったらどうしたらよいか困ってしまいます。痛いということは虫歯がエナメ…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代の歯科治療には、虫歯治療の際にアマルガムと言う金属がよく使われていました。歯科修…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年は昭和45年なので、第二次ベビーブームの真っただ中です。人口が急増して、高度成長期なので食…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1990年代の歯に関する大きな出来事と言えば、まず第一に市販の歯磨き粉にフッ素が含まれるようになった…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2001年の8月に歯の健康クリニックは「夏休みの歯のお手入れ」という番組を放送しています。正しい…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2003年に起こった歯のニュースとしてあげられるのが、neossの台頭です。この会社はインプラン…