1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1950年~1959年の口臭の定番解決法といえば

1950年~1959年はちょうど日本が戦後の復興を遂げてきた時期ですので、この時代の口臭対策の方法と言えば仁丹をよく舐めるということでした。

勿論歯磨きなども定番の解決方法であり、食べた後に入念に歯を磨くことで口臭の原因を断ち切っていた方も多くなっています。今よりもかなり昔の年代ということで、ブレスケア商品はあまり発売されておらず、マウスウォッシュやスプレーなども存在しなかったのがこの年代の特徴となっています。

昔で言う口臭対策の定番解決方法は入念な歯磨きと僅かなグッズがほとんどでしたので、今のように街中のどこでも売られているものが存在することがなかったというのが、この時代の口臭対策の特徴になっているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    歯のトラブルでは冷たいものや、熱いものを口にしたときに染みるということがあげられます。こうし…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代の歯科治療には、虫歯治療の際にアマルガムと言う金属がよく使われていました。歯科修…
  3. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    夜中などに突然歯が痛くなったらどうしたらよいか困ってしまいます。痛いということは虫歯がエナメ…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    平成の終盤から今日に至るまでの道程においては、虫歯治療に大きな変化が見られるようになっています。…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    90年代の解決法の定番はマウスウォッシュです。口臭を解決するには歯を磨くというのが一番ですが、歯磨き…
  3. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    歯周病は10人に8人くらいは40代になって感染しているといわれている歯の疾患で、傷みもなく知らないう…