1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1950年~1959年で歯を苦しめた美味しい甘い定番お菓子

1950年から1959年までは日本は目覚ましい経済成長を遂げた時代であり、それと共に海外からのお菓子も色々輸入が始まりました。

それでも一般市民には昔ながらのお菓子が愛されていて、その中でもポン菓子と呼ばれるものは甘くて香ばしいので子供であれば誰でも好んで食べていました。

お米を特殊な機械に入れて膨らませたら、そこに砂糖を溶かした液体をまぶします。そのため食べるときには、手も口もべたべたの状態になりますが、甘くて美味しいので食べることをやめるのが難しいお菓子でした。砂糖がたっぷり含まれた定番のお菓子だったこともあり、子供にとっては虫歯の原因になるようなものでした。

いつも食べ終わったら歯を磨きなさいと両親に言われた思い出を持っている人も多いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2010年から2018年の時期は、インプラントの普及と技術革新の時代と言えます。2010年頃…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1990年代の歯に関する大きな出来事と言えば、まず第一に市販の歯磨き粉にフッ素が含まれるようになった…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1950年代の歯科治療は、戦後に医療法の中に含まれていた分野が1948年に歯科医師法として分かれてか…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    子供から大人まで歯の痛みに悩んでいる人は大勢います。そのような痛みの症状を緩和するためには、定番の手…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2000年から2009年までの間に、子供を中心に虫歯の数の減少が著しくなっています。その背後…
  3. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    虫歯で痛みを感じる時、治療をするべきですが夜中で歯科医院がやっていなかったり、用事があって忙しいとき…
SQLSTATE[HY000]: General error: 11 database disk image is malformed
PAGE TOP