1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1950年~1959年で歯医者を悩ませた歯に悪いドリンク

1950年代の日本といえば、1956年に「もはや戦後ではない」という言葉が流行し経済的にも発展し始めた時期です。

そんな経済発展時期に、歯科医を今でも悩ませるあのドリンクが発売されます。それは「コカ・コーラ」です。それまでは輸入されていた物を日本飲料工業株式会社が1957年から日本向けに製造しはじめ、現在に至ります。

また、1951年にはジュースブームの火付け役となった「バヤリースオレンジ」、1958年には「ファンタ」など今でもお馴染みのジュースが販売され一気に日本に普及していきました。

まさに1950年~1959年は、今も歯科医を悩ませる歯に悪いドリンクが日本各地で飲まれるようになった時代と言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2000年から2009年までの間に、子供を中心に虫歯の数の減少が著しくなっています。その背後…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代の歯科治療には、虫歯治療の際にアマルガムと言う金属がよく使われていました。歯科修…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年は昭和45年なので、第二次ベビーブームの真っただ中です。人口が急増して、高度成長期なので食…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代に歯医者を悩ませたドリンクは多数存在していますが、特に歯を溶かすといわれているpHが低い…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年代は、どこの歯医者にも行列ができるとニュース等で取り上げられたりする程に虫歯の洪水時代でし…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    子供から大人まで歯の痛みに悩んでいる人は大勢います。そのような痛みの症状を緩和するためには、定番の手…
PAGE TOP