1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1950年に起こった歯のNEWSや世界・日本のニュース

1950年には、日本歯科医師連盟が政治団体として初めて結成を試みた年です。しかしそれは叶わず、結局正式に設立されたのは1954年と、数年後のことになります。

また50年では、巷で赤い靴やボブヘアが人気を博していました。映画として有名な『風と共に去りぬ』が書籍で流行していたのもこの年です。

現在では当たり前になっている千円札が発行され始め、短大と略される短期大学が開校され始めたのも同年のこととなります。キリの良い数字ということもあるのか、様々な事柄が世の中で起こりました。

芥川龍之介が原作である、黒澤明監督の『羅生門』が人気を博したのも同年であり、世界ではその年、マザーテレサさんが愛の宣教者会を創立しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1960年代に入ると日本は高度経済成長期に突入し、以降は1969年まで60年代を通じて驚異的な経済成…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代の歯科治療には、虫歯治療の際にアマルガムと言う金属がよく使われていました。歯科修…
  3. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    歯のトラブルでは冷たいものや、熱いものを口にしたときに染みるということがあげられます。こうし…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    ここでの活躍と功績をあげた人と言えば金澤紀子氏です。2013年に旭日小綬章受章の栄誉に輝きました。…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    虫歯治療のスタイルには技術革新や麻酔薬の進歩など患者への負担を減らし、より歯を削る規模を小さくするな…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1992年といえばバルセロナオリンピックが開催され歯を食いしばった努力の結晶として日本勢がメダルを2…