1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1958年に起こった歯のNEWSや世界・日本のニュース

日本では、「歯の衛生週間」と呼ばれるものは1985年に定められました。

この政策は歯の衛生を守る期間であり、現在の文部科学省と厚生労働省にあたる国の期間が関わっています。はじまりは1028年に「虫歯予防デー」として6月4日を指定したことです。

その後いくつか名称を変更してきましたが、戦争の影響で一時的に中止されてしまいます。戦争が終結して落ち着いた頃に復活し、1985年は”衛生”だけだったのに加えて2013年には「歯と口の健康週間」として幅広く対応していったのです。

歯や口の健康は以前から長きにわたって指摘されてきた日本人に深く関わりのある問題となっていますが、時代の流れとともにその大切さは高まってきています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    夜中などに突然歯が痛くなったらどうしたらよいか困ってしまいます。痛いということは虫歯がエナメ…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1950年代の歯科治療は、戦後に医療法の中に含まれていた分野が1948年に歯科医師法として分かれてか…
  3. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    歯のトラブルでは冷たいものや、熱いものを口にしたときに染みるということがあげられます。こうし…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    虫歯などで歯に痛みを感じるときに定番の解決法として用いられていたのが、「鎮痛剤」の使用です。この…
  2. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    歯が痛い状態というのは、その場所が炎症を起こしてしまっている可能性が高いと考えられます。そんな時…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年から1989年といえば、バブルに向かう途中の高度成長期時代です。食の欧米化や甘いお菓子…
SQLSTATE[HY000]: General error: 10 disk I/O error
PAGE TOP