1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1960年~1969年の歯に関する時代背景とは

1960年代に入ると日本は高度経済成長期に突入し、以降は1969年まで60年代を通じて驚異的な経済成長を謳歌することになります。

1973年の第一次オイルショックの到来に至るまで経済大国への道に向かって全国民が邁進していた時代です。国民所得の上昇に伴って、各種の産業においても単にサービスや商品を販売する時代から、その中身やクオリティを重視するように消費者意識が涵養された時代とも重なっています。

歯科領域に置いても、多少は痛みを我慢してでも虫歯などの病巣を除去することが優勢されていた時代がながく続いていましたが変革の波が訪れます。

同じ治療成績であってもより負担の少ない方法に大きく軸足が置かれるようになりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1990年代の歯に関する大きな出来事と言えば、まず第一に市販の歯磨き粉にフッ素が含まれるようになった…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代の歯科治療には、虫歯治療の際にアマルガムと言う金属がよく使われていました。歯科修…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年は昭和45年なので、第二次ベビーブームの真っただ中です。人口が急増して、高度成長期なので食…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    日本では、「歯の衛生週間」と呼ばれるものは1985年に定められました。この政策は歯の衛生を守る期…
  2. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    30歳以上の日本人の実に80パーセントがなっているという歯周病、歯の病気だけに食べ物によっては更に進…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1967年に歯の解剖学という本が金原出版から出ています。1967年という年は、日本専売公社が葉巻たば…
PAGE TOP