1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1960年~1969年に人気があったデンタルグッズ

時代によって歯に対するケアの方法も変わってきました。特に最近では医療の技術が進歩してきた事で治療方法も様々あり、状況や人に応じて治療の方法も変わります。

しかし昔はそのような治療技術も十分ではなかった事もありますので、自宅でいかにケアをしておく事が大切な事なのでした。歯茎を引き締めるためには塩が良いということもあり、塩を塗ってうがいをするという方法もありました。1960年くらいからは歯ブラシが登場し、ブラシでキレイに磨くようになりました。

その影響もあって虫歯もあまり増えることもなく、キレイでいられるようになってきたのです。このように時代とともに歯のケアに使用するデンタルグッズも変わってきたのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    歯のトラブルでは冷たいものや、熱いものを口にしたときに染みるということがあげられます。こうし…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2000年から2009年までの間に、子供を中心に虫歯の数の減少が著しくなっています。その背後…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1960年代に入ると日本は高度経済成長期に突入し、以降は1969年まで60年代を通じて驚異的な経済成…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2014年は世界ではエボラ出血熱でWHOが緊急事態を宣言したり、韓国で旅客船のセウォル号が沈没するな…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    歯はいつまでも大切にしたいと誰もが考えますが、時代によってその考え方も変わって来ました。昔はあま…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1968年は日本経済が非常に好調で人口も右肩上がりに増加していました。そのため歯科医を必要とする患者…

関連リンク

  • リノベーション 九州

    リノベーションを九州でお考えでしたらぜひ一度当サイトまでお越しください。あのセキスイだからこその技術であなたのリノベーションを応援します。

    www.sekisuikohan-renovation.com/

PAGE TOP