1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1960年~1969年に人気があったデンタルグッズ

時代によって歯に対するケアの方法も変わってきました。特に最近では医療の技術が進歩してきた事で治療方法も様々あり、状況や人に応じて治療の方法も変わります。

しかし昔はそのような治療技術も十分ではなかった事もありますので、自宅でいかにケアをしておく事が大切な事なのでした。歯茎を引き締めるためには塩が良いということもあり、塩を塗ってうがいをするという方法もありました。1960年くらいからは歯ブラシが登場し、ブラシでキレイに磨くようになりました。

その影響もあって虫歯もあまり増えることもなく、キレイでいられるようになってきたのです。このように時代とともに歯のケアに使用するデンタルグッズも変わってきたのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2000年から2009年までの間に、子供を中心に虫歯の数の減少が著しくなっています。その背後…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1990年代の歯に関する大きな出来事と言えば、まず第一に市販の歯磨き粉にフッ素が含まれるようになった…
  3. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    歯のトラブルでは冷たいものや、熱いものを口にしたときに染みるということがあげられます。こうし…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1990年~1999年で虫歯の定番解決法といえば、すぐに削って詰めもので塞いでしまうという方法でした…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1990年代に入ると歯科医療でも、マイクロスコープを使用した治療の導入を始めました。マイクロスコ…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年生まれの芸能人や有名人は数多く存在していますが、その中で歯が美しい人と言えばアナウンサーの…

関連リンク

  • リノベーション 九州

    リノベーションを九州でお考えでしたらぜひ一度当サイトまでお越しください。あのセキスイだからこその技術であなたのリノベーションを応援します。

    www.sekisuikohan-renovation.com/

PAGE TOP