1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1960年~1969年に人気があったデンタルグッズ

時代によって歯に対するケアの方法も変わってきました。特に最近では医療の技術が進歩してきた事で治療方法も様々あり、状況や人に応じて治療の方法も変わります。

しかし昔はそのような治療技術も十分ではなかった事もありますので、自宅でいかにケアをしておく事が大切な事なのでした。歯茎を引き締めるためには塩が良いということもあり、塩を塗ってうがいをするという方法もありました。1960年くらいからは歯ブラシが登場し、ブラシでキレイに磨くようになりました。

その影響もあって虫歯もあまり増えることもなく、キレイでいられるようになってきたのです。このように時代とともに歯のケアに使用するデンタルグッズも変わってきたのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年は昭和45年なので、第二次ベビーブームの真っただ中です。人口が急増して、高度成長期なので食…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1990年代の歯に関する大きな出来事と言えば、まず第一に市販の歯磨き粉にフッ素が含まれるようになった…
  3. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    夜中などに突然歯が痛くなったらどうしたらよいか困ってしまいます。痛いということは虫歯がエナメ…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1985年に歯の業界にとって新しい風が吹きました。高機能歯磨き剤のアパガードが販売されました。本…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2001年の8月に歯の健康クリニックは「夏休みの歯のお手入れ」という番組を放送しています。正しい…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1993年の日本は色々なニュースがありました。皇太子殿下のご成婚やサッカーのJリーグ開幕など、新…
SQLSTATE[HY000]: General error: 11 database disk image is malformed
PAGE TOP