1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1960年~1969年の口臭の定番解決法といえば

この時代の口臭の定番の解決法といえば「ガムを噛むこと」です。

ガムを噛むことでリラックス効果も期待ができる上に、噛む回数が増えることによって口の中で唾液の分泌も促進していきます。口臭の原因の一つに口の中の乾燥があるのですが、これを防ぐこともできます。

毎日の歯磨きのケアはもちろんですが、人と会うときや自分の口臭が気になるときには手軽な方法で解決することができるので、平成の時代でも試して見る価値はあります。最近の方がこの時代のモノよりもさらに進化を遂げています。噛むだけで歯周病や虫歯を予防することもできるのです。

機能性の高いガムも販売されているので、お店で見つけた時には試して見るのもよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年は昭和45年なので、第二次ベビーブームの真っただ中です。人口が急増して、高度成長期なので食…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2010年から2018年の時期は、インプラントの普及と技術革新の時代と言えます。2010年頃…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1990年代の歯に関する大きな出来事と言えば、まず第一に市販の歯磨き粉にフッ素が含まれるようになった…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年生まれで歯の美しい芸能人といえば、相田翔子さんを思い浮かべる人もいるのではないでしょうか。…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    今から約50年前の1970年には、早川電機工業の社名変更から始まり、アメリカ軍の嘉手納基地決定などの…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1990年代の歯に関する大きな出来事と言えば、まず第一に市販の歯磨き粉にフッ素が含まれるようになった…
PAGE TOP