1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1960年~1969年の口臭の定番解決法といえば

この時代の口臭の定番の解決法といえば「ガムを噛むこと」です。

ガムを噛むことでリラックス効果も期待ができる上に、噛む回数が増えることによって口の中で唾液の分泌も促進していきます。口臭の原因の一つに口の中の乾燥があるのですが、これを防ぐこともできます。

毎日の歯磨きのケアはもちろんですが、人と会うときや自分の口臭が気になるときには手軽な方法で解決することができるので、平成の時代でも試して見る価値はあります。最近の方がこの時代のモノよりもさらに進化を遂げています。噛むだけで歯周病や虫歯を予防することもできるのです。

機能性の高いガムも販売されているので、お店で見つけた時には試して見るのもよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代の歯科治療には、虫歯治療の際にアマルガムと言う金属がよく使われていました。歯科修…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1960年代に入ると日本は高度経済成長期に突入し、以降は1969年まで60年代を通じて驚異的な経済成…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1950年代の歯科治療は、戦後に医療法の中に含まれていた分野が1948年に歯科医師法として分かれてか…

最近の記事

  1. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    歯周病は10人に8人くらいは40代になって感染しているといわれている歯の疾患で、傷みもなく知らないう…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年は昭和45年なので、第二次ベビーブームの真っただ中です。人口が急増して、高度成長期なので食…
  3. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    良い歯医者さんと聞くと、まず考えつくのが「施術の腕が優れている人」です。確かに、腕のいい歯医者さ…
PAGE TOP