1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1960年~1969年で虫歯の定番解決法といえば

今から50年前の1960年代の虫歯治療は、エアタービンという機器が普及したことにより、それ以前とは異なる解決方法が定番として用いられることになります。

また、これと並行する様にして歯科麻酔の技術も発展したために、現在の歯科クリニックではすっかりポピュラーになった無痛治療も可能となっています。

ちなみに、それ以前の1950年代まではどの様な治療が実施されていたかというと、痛くなったら抜くという極めてsimpleな内容でした。これは、歯を削る機器の性能が未発達であったために、菌に汚染した部分だけを綺麗に除去することが出来なかったからです。

このために、この時代までの虫歯治療といえば激しい痛みが伴うのが当たり前だったのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    夜中などに突然歯が痛くなったらどうしたらよいか困ってしまいます。痛いということは虫歯がエナメ…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1960年代に入ると日本は高度経済成長期に突入し、以降は1969年まで60年代を通じて驚異的な経済成…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1990年代の歯に関する大きな出来事と言えば、まず第一に市販の歯磨き粉にフッ素が含まれるようになった…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2000年の日本は少子高齢化が懸念されていたもののまだ経済や社会に余力がありました。多くの人々が歯科…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1976年は、歯に関する情報をまとめた雑誌等を出版する、デジタルダイアモンド社が設立された年です。…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1950年には、日本歯科医師連盟が政治団体として初めて結成を試みた年です。しかしそれは叶わず、結局正…
SQLSTATE[HY000]: General error: 11 database disk image is malformed
PAGE TOP