1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1960年~1969年で歯医者を悩ませた歯に悪いドリンク

歯に悪いドリンクとして1960年~1969年に考えられていたドリンクはpH5.5以下のものです。

歯はpH5.5以下のものに接触することで溶けてしまうという性質があります。7が中性であると定められているので、酸性に傾くことで歯が溶けてしまうと言えます。

口の中は基本的に唾液の働きによって中性に維持されています。しかし酸性が強いドリンクや食べ物などを口の中にいれることでその働きが弱まってしまいます。唾液の量が通常よりも少なくなってしまった場合も同様です。歯の表面の部分はエナメル質でできており、内側の部分は象牙質と呼ばれるものから構成されています。

エナメル質は骨よりも硬いと言われているものですが、酸性になることで溶けてしまう恐れがあるので注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1960年代に入ると日本は高度経済成長期に突入し、以降は1969年まで60年代を通じて驚異的な経済成…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代の歯科治療には、虫歯治療の際にアマルガムと言う金属がよく使われていました。歯科修…
  3. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    歯のトラブルでは冷たいものや、熱いものを口にしたときに染みるということがあげられます。こうし…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2000年~2009年に活躍した人としては、沼部幸博さんが挙げられます。歯医者である沼部幸博さん…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    久保倉弘孝氏は、神奈川県の医療法人敬友会の小机歯科医院と都筑キッズデンタルクリニックの理事長です。…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    子供だけでなく大人でも歯磨きをしっかりしないと虫歯になるのはいつの時代でもあります。現在ではレー…

関連リンク

  • 熊本 土木

    熊本で土木工事をお考えでしたらぜひ一度当サイトまでお越しください。民間から公共まで幅広く着工しております。安心と信頼の東生企業です。

    www.touseikigyou.com/

PAGE TOP