1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1968年に起こった歯のNEWSや世界・日本のニュース

1968年は日本経済が非常に好調で人口も右肩上がりに増加していました。そのため歯科医を必要とする患者も多かった時代です。

この年にも日本や世界で様々な出来事がありました。1月5日にはチェコでアレクサンデル・ドゥプチェクがチェコスロヴァキア共産党第一書記に就任しプラハの春が始まります。

1月29日には東大医学部で無期限ストに突入し、東大闘争が始まりました。フランスでは2月6日から2月17日までグルノーブルオリンピック大会が開催されています。5月8日にはイタイイタイ病が公害病に認定されました。6月15日には文化庁が発足し、同月26日には小笠原諸島が日本に復帰しています。

郵便番号制度が開始されのは1968年7月1日のことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    夜中などに突然歯が痛くなったらどうしたらよいか困ってしまいます。痛いということは虫歯がエナメ…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代の歯科治療には、虫歯治療の際にアマルガムと言う金属がよく使われていました。歯科修…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1990年代の歯に関する大きな出来事と言えば、まず第一に市販の歯磨き粉にフッ素が含まれるようになった…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1965年には大塚製薬よりオロナミンCが発売されましたが、含まれている成分には糖分があるため虫歯の原…
  2. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    虫歯の治療を終えた後に食事はとってもOKですが、治療の内容によっては注意が必要な場合があります。…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1993年の日本は色々なニュースがありました。皇太子殿下のご成婚やサッカーのJリーグ開幕など、新…
SQLSTATE[HY000]: General error: 11 database disk image is malformed
PAGE TOP