1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1970年~1979年の歯に関する時代背景とは

1970年は昭和45年なので、第二次ベビーブームの真っただ中です。人口が急増して、高度成長期なので食生活にも食習慣にも変化が出てきました。

子どものおやつにチョコレートやキャラメルを与える家庭が一般的になったのがこの時代です。テレビのCMでもお菓子のCMが増えていました。

街の歯医者さんでは、多くの子どもが漫画の本などを読みながら順番を待っていました。中には漫画の本が読みたくて、友達についてきただけという子供も何人かいました。しかし、虫歯のない子の方が少なかったです。そこで国は、歯科大学を次々に乱立していったのが、この時代です。

やがて虫歯予防の知識も浸透していき、はみがき指導なども普及して虫歯のある子は減っていきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1990年代の歯に関する大きな出来事と言えば、まず第一に市販の歯磨き粉にフッ素が含まれるようになった…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2010年から2018年の時期は、インプラントの普及と技術革新の時代と言えます。2010年頃…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2000年から2009年までの間に、子供を中心に虫歯の数の減少が著しくなっています。その背後…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    子供だけでなく大人でも歯磨きをしっかりしないと虫歯になるのはいつの時代でもあります。現在ではレー…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1987年はバブル前夜といった状況であり、日本人の歯に対する意識にも変化がもたらされた時期でもありま…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1996年は、第6回日本歯科道具研究会・研究発表大会及び第7回の総会が行われた年です。日本歯科道…
PAGE TOP