1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1970年~1979年の歯に関する時代背景とは

1970年は昭和45年なので、第二次ベビーブームの真っただ中です。人口が急増して、高度成長期なので食生活にも食習慣にも変化が出てきました。

子どものおやつにチョコレートやキャラメルを与える家庭が一般的になったのがこの時代です。テレビのCMでもお菓子のCMが増えていました。

街の歯医者さんでは、多くの子どもが漫画の本などを読みながら順番を待っていました。中には漫画の本が読みたくて、友達についてきただけという子供も何人かいました。しかし、虫歯のない子の方が少なかったです。そこで国は、歯科大学を次々に乱立していったのが、この時代です。

やがて虫歯予防の知識も浸透していき、はみがき指導なども普及して虫歯のある子は減っていきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代の歯科治療には、虫歯治療の際にアマルガムと言う金属がよく使われていました。歯科修…
  2. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    夜中などに突然歯が痛くなったらどうしたらよいか困ってしまいます。痛いということは虫歯がエナメ…
  3. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    歯のトラブルでは冷たいものや、熱いものを口にしたときに染みるということがあげられます。こうし…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    子供から大人まで歯の痛みに悩んでいる人は大勢います。そのような痛みの症状を緩和するためには、定番の手…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1956年はアメリカでノンクラスプデンチャーが発明された年です。ノンクラスプデンチャーとは金属の…
  3. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    虫歯で痛みを感じる時、治療をするべきですが夜中で歯科医院がやっていなかったり、用事があって忙しいとき…
PAGE TOP