1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1970年~1979年に人気があったデンタルグッズ

1970年代は歯磨き粉に大きな革命が起こった年代だと言えます。

1970年(昭和45年)4月に発売され、今でも変わらず愛用者の多い「White &White」がありますが、これは世界で初めて「ラミネートチューブ」を充填容器にした画期的な商品なのです。

それまでは金属が使われていましたし、同時期に発売の他メーカーの歯磨き粉も金属チューブでした。白をアピールした爽やかな宣伝効果も印象的でしたし、金属チューブが当たり前であった時代に、あの柔らかい使い心地のラミネートチューブ入りの歯磨き粉は爆発的にヒットし、その後普及していきました。

今では当然のように売られているラミネートチューブタイプですが、私たちが快適に歯を磨けるのも、1969年のライオン(当時の社名はライオン歯磨)による開発があるからこそです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1990年代の歯に関する大きな出来事と言えば、まず第一に市販の歯磨き粉にフッ素が含まれるようになった…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年は昭和45年なので、第二次ベビーブームの真っただ中です。人口が急増して、高度成長期なので食…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1960年代に入ると日本は高度経済成長期に突入し、以降は1969年まで60年代を通じて驚異的な経済成…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    虫歯などで歯に痛みを感じるときに定番の解決法として用いられていたのが、「鎮痛剤」の使用です。この…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1983年には八王子市歯科医師フッ化水素酸誤塗布事故の一審判決が確定した年になります。この事件は…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1968年は日本経済が非常に好調で人口も右肩上がりに増加していました。そのため歯科医を必要とする患者…
PAGE TOP