1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1970年~1979年の歯痛の定番解決法

1970年代は、どこの歯医者にも行列ができるとニュース等で取り上げられたりする程に虫歯の洪水時代でした。

そこで重宝され始めたのが銀歯治療でした。それ以外でも、治療に至る前に痛みが発生することがありますが、治療までの時間のその痛みを和らげるには定番の方法が冷やす事と広く認識されています。

しかし、患部の状態やその痛みの原因によっては悪化させる場合があるのです。従って鈍痛剤の方が良いのですが、強すぎるものや体に合わないものは歯以外の体に悪い反応がある場合もあります。

他の方法としては、歯科医も使用する薬剤に入るクレオソートという有効成分が入った正露丸を患部または痛い部分に詰める方法もよく利用されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2000年から2009年までの間に、子供を中心に虫歯の数の減少が著しくなっています。その背後…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1990年代の歯に関する大きな出来事と言えば、まず第一に市販の歯磨き粉にフッ素が含まれるようになった…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1960年代に入ると日本は高度経済成長期に突入し、以降は1969年まで60年代を通じて驚異的な経済成…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    子供だけでなく大人でも歯磨きをしっかりしないと虫歯になるのはいつの時代でもあります。現在ではレー…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代の歯科治療には、虫歯治療の際にアマルガムと言う金属がよく使われていました。歯科修…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    歯に悪いドリンクは基本的に酸性のもので、歯を溶かしてしまう化学反応を引き起こします。一般的な食事…
PAGE TOP