1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1970年~1979年で虫歯の定番解決法といえば

かつての虫歯治療だったことで定番ともいえるのが「アマルガム」、平たく言えば銀歯のことです。

1970年代にはアマルガムの使用がはじまりそれ以降長らく歯科診療では必要不可欠な治療材料の地位を占めてきました。実はこの「アマルガム」には水銀が含まれています。

そのため長期装用に伴う健康被害のリスクが指摘されてきました。その安全性を巡っては世界各国で発表されており、米国のADA(売国歯科医師協会)や日本では人体への有害事象はないと結論付けています。他方でノルウェーのようにアマルガムの使用を禁止している国もあります。

最近では銀歯は目立つので審美的に満足度が低いこともあり、従来ほど定番の治療にはなっていないようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年は昭和45年なので、第二次ベビーブームの真っただ中です。人口が急増して、高度成長期なので食…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1990年代の歯に関する大きな出来事と言えば、まず第一に市販の歯磨き粉にフッ素が含まれるようになった…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2010年から2018年の時期は、インプラントの普及と技術革新の時代と言えます。2010年頃…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年~1979年で歯を苦しめた甘い定番のお菓子といったらどら焼きです。これは世界でも認めら…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2010年から2018年の時期は、インプラントの普及と技術革新の時代と言えます。2010年頃…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    歯に悪いドリンクは基本的に酸性のもので、歯を溶かしてしまう化学反応を引き起こします。一般的な食事…

関連リンク

  • 五葉茶

    五葉茶をご存じですか?毎日飲むお茶を五葉茶に変えるだけで、頑固な便秘もあらスッキリ♪身体をキレイに整える。家族で飲みたいダイエットティーをぜひ当サイトでご覧ください。

    www.bp-direct.jp/

PAGE TOP