1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1970年~1979年で虫歯の定番解決法といえば

かつての虫歯治療だったことで定番ともいえるのが「アマルガム」、平たく言えば銀歯のことです。

1970年代にはアマルガムの使用がはじまりそれ以降長らく歯科診療では必要不可欠な治療材料の地位を占めてきました。実はこの「アマルガム」には水銀が含まれています。

そのため長期装用に伴う健康被害のリスクが指摘されてきました。その安全性を巡っては世界各国で発表されており、米国のADA(売国歯科医師協会)や日本では人体への有害事象はないと結論付けています。他方でノルウェーのようにアマルガムの使用を禁止している国もあります。

最近では銀歯は目立つので審美的に満足度が低いこともあり、従来ほど定番の治療にはなっていないようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    歯のトラブルでは冷たいものや、熱いものを口にしたときに染みるということがあげられます。こうし…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1960年代に入ると日本は高度経済成長期に突入し、以降は1969年まで60年代を通じて驚異的な経済成…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代の歯科治療には、虫歯治療の際にアマルガムと言う金属がよく使われていました。歯科修…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1954年には医療法・医師法(歯科医師法)が発行されています。この年の出来事ですが、1月には皇居…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1971年に日本では、フッ化物に対する基本的見解が発表されています。国民病となったう蝕に対する対…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年~1979年代にも口臭を気にする人はたくさんいて、様々な方法で解決をしていました。歯磨…

関連リンク

  • 五葉茶

    五葉茶をご存じですか?毎日飲むお茶を五葉茶に変えるだけで、頑固な便秘もあらスッキリ♪身体をキレイに整える。家族で飲みたいダイエットティーをぜひ当サイトでご覧ください。

    www.bp-direct.jp/

PAGE TOP