1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1970年~1979年で歯を苦しめた美味しい甘い定番お菓子

1970年~1979年で歯を苦しめた甘い定番のお菓子といったらどら焼きです。

これは世界でも認められているとても美味しいお菓子で、日本では定番とも言われています。しかし砂糖がたっぷりと入ったあんこが入っているので、当時の日本の人たちの歯を苦しめる結果となってしまいました。

虫歯になってしまって痛みを訴える人も多くおられましたし、虫歯が悪化してしまって歯を失うことになった人も少なくありません。とても美味しいですし、今でもこれがおやつの時間にないと寂しいと感じる方もおられますが、これは昔人々を苦しめたことがあるということを忘れてはいけません。

過去にこういった出来事がありましたが、今でも愛されている定番のお菓子です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2000年から2009年までの間に、子供を中心に虫歯の数の減少が著しくなっています。その背後…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2010年から2018年の時期は、インプラントの普及と技術革新の時代と言えます。2010年頃…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1950年代の歯科治療は、戦後に医療法の中に含まれていた分野が1948年に歯科医師法として分かれてか…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    歯はいつまでも大切にしたいと誰もが考えますが、時代によってその考え方も変わって来ました。昔はあま…
  2. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    歯磨きをしても口臭を気になって、息清涼カプセルやミントタブレットなどを食べることもあると思います。…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2007年には東京都内の歯科診療所でインプラント治療を受けていた70歳の女性が手術中に動脈損傷がもと…
PAGE TOP