1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1970年~1979年で歯医者を悩ませた歯に悪いドリンク

今では飲み物の自動販売機には、ペットボトルのお茶が数多く並んでいますが、1970年代には数多くの缶ジュースがひしめき合っていました。

スポーツドリンクや炭酸飲料、はちみつレモンやつぶつぶがたくさん入ったオレンジジュースが人気でした。これらの飲み物は当然ジュースなので、大量のお砂糖が使われています。

それだけでも、歯には良くないのですが、一番気になるのがつぶつぶ入りのジュースです。飲んだ時に口の中一杯に果肉が広がり、噛みながら飲むことでフレッシュさを感じられて美味しいです。しかし、この粒が口の中にいつまでも残っててしまうのです。

フロスや歯間ブラシで歯間をよく掃除しないと、隅々まで綺麗にするのは難しいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2000年から2009年までの間に、子供を中心に虫歯の数の減少が著しくなっています。その背後…
  2. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    歯のトラブルでは冷たいものや、熱いものを口にしたときに染みるということがあげられます。こうし…
  3. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    夜中などに突然歯が痛くなったらどうしたらよいか困ってしまいます。痛いということは虫歯がエナメ…

最近の記事

  1. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    歯が痛い状態というのは、その場所が炎症を起こしてしまっている可能性が高いと考えられます。そんな時…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2005年3月31日に厚生労働省が介護現場での医療行為についての案をまとめました。それまでは、医…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1978年の歯に関するニュースの中で最もepoch-makingだったのは、国内の大手化学メーカーか…
PAGE TOP