1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1970年~1979年で歯医者を悩ませた歯に悪いドリンク

今では飲み物の自動販売機には、ペットボトルのお茶が数多く並んでいますが、1970年代には数多くの缶ジュースがひしめき合っていました。

スポーツドリンクや炭酸飲料、はちみつレモンやつぶつぶがたくさん入ったオレンジジュースが人気でした。これらの飲み物は当然ジュースなので、大量のお砂糖が使われています。

それだけでも、歯には良くないのですが、一番気になるのがつぶつぶ入りのジュースです。飲んだ時に口の中一杯に果肉が広がり、噛みながら飲むことでフレッシュさを感じられて美味しいです。しかし、この粒が口の中にいつまでも残っててしまうのです。

フロスや歯間ブラシで歯間をよく掃除しないと、隅々まで綺麗にするのは難しいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2000年から2009年までの間に、子供を中心に虫歯の数の減少が著しくなっています。その背後…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代の歯科治療には、虫歯治療の際にアマルガムと言う金属がよく使われていました。歯科修…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年は昭和45年なので、第二次ベビーブームの真っただ中です。人口が急増して、高度成長期なので食…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年背後の年代に重要な影響を与えた芸能人やスポーツ選手の引退が目立った年であり、それまでに類を…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1971年に日本では、フッ化物に対する基本的見解が発表されています。国民病となったう蝕に対する対…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2002年に虫歯菌をおよそ3時間で検出することができるという方法の開発がされています。これらは大…
PAGE TOP