1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1977年に起こった歯のNEWSや世界・日本のニュース

1977年は日本の人口が増え続けていた時代なので子供の数も多く、歯科医で治療を受ける人の数も増加していました。

近年は少子高齢化が進んでいるため患者の数も減少傾向にあります。1977年はまだ日本の経済が元気だった時代です。世界でも様々な出来事がありました。

例えば1977年の2月9日にはスペインが旧ソ連と38年ぶりに国交を回復しています。日本では2月17日に水戸地裁で行なわれていた百里基地訴訟で自衛隊が合憲と判断されました。5月には大学入試センターが発足しています。6月30日には東南アジア条約機構が発足から23年目で解散しました。8月7日には北海道の有珠山で噴火活動が始まります。

この噴火活動は翌年の10月27日まで続きました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代の歯科治療には、虫歯治療の際にアマルガムと言う金属がよく使われていました。歯科修…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1960年代に入ると日本は高度経済成長期に突入し、以降は1969年まで60年代を通じて驚異的な経済成…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1990年代の歯に関する大きな出来事と言えば、まず第一に市販の歯磨き粉にフッ素が含まれるようになった…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1985年に歯の業界にとって新しい風が吹きました。高機能歯磨き剤のアパガードが販売されました。本…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年と言えば、今から約40年ほど前のことになります。今では口臭予防のための様々な製品が出て…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1960年~1969年で歯を苦しめた美味しい甘い定番お菓子と言えば、駄菓子屋で売られていた駄菓子でし…