1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1980年~1989年の歯に関する時代背景とは

1980年代の歯科治療には、虫歯治療の際にアマルガムと言う金属がよく使われていました。

歯科修復材として使いやすく、安価であり頻繁に使用されていたのです。アマルガムの中には、銀と銅とニッケル、更には水銀が含まれています。この水銀に関しては健康上の懸念があり、現在では安全性のためほとんど使われなくなりました。

唾液の電解質による腐食や、金属アレルギー発症の原因の可能性も挙げられています。アマルガムに代わって広く使われるようになったのが、金銀パラジウム合金です。また、レジンやセラミック、ハイブリッドの物など審美的に優れている物などがあります。

1980年代の歯科治療では初期の虫歯を発見し、削って拡大を防ぐことを最善の策としていました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2000年から2009年までの間に、子供を中心に虫歯の数の減少が著しくなっています。その背後…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1950年代の歯科治療は、戦後に医療法の中に含まれていた分野が1948年に歯科医師法として分かれてか…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代の歯科治療には、虫歯治療の際にアマルガムと言う金属がよく使われていました。歯科修…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年生まれで歯の美しい芸能人といえば、相田翔子さんを思い浮かべる人もいるのではないでしょうか。…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1983年には八王子市歯科医師フッ化水素酸誤塗布事故の一審判決が確定した年になります。この事件は…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    この年、日本の医療史の中で最も激しい闘争が行われました。4月に「国民皆保険」が開始されることが決定し…