1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1980年~1989年に人気があったデンタルグッズ

欧米では、1980年代に主流となっていた歯間掃除用具であるデンタルフロスは、日本の歯科医においても推奨されていたのですが、実際にはなかなか定着しないのが現状でした。

そんな中、日本人が昔からよく使っていた爪楊枝に着目して、その爪楊枝とデンタルフロスを上手く融合させた「糸ようじ」が開発されたのです。商品化されるまでには、試作やテストを何度も重ねた結果、切れにくさと歯垢などのかきとり力を両立した柄のついた現在の形に行きついたのです。その1980年代後半に発売された糸ようじが大ヒットとなり、人気のデンタルグッズのひとつとなりました。

それをきっかけに益々歯間掃除用具の市場は年々拡大しており、現在尚様々な商品が発売されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1950年代の歯科治療は、戦後に医療法の中に含まれていた分野が1948年に歯科医師法として分かれてか…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2000年から2009年までの間に、子供を中心に虫歯の数の減少が著しくなっています。その背後…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1960年代に入ると日本は高度経済成長期に突入し、以降は1969年まで60年代を通じて驚異的な経済成…

最近の記事

  1. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    口臭を防ぐためには歯間ブラシを使うことがとても大事になります。食べたものが歯の間に詰まって、それ…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1990年から1999年当たりに人気があったデンタルグッズは、歯磨き粉のアクアフレッシュです。青…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1959年は歯のニュースだけではなく、様々なニュースがあった年です。この時期にテレビ放送が始まっ…
SQLSTATE[HY000]: General error: 11 database disk image is malformed
PAGE TOP