1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1980年~1989年に活躍した歯科界の人

久保倉弘孝氏は、神奈川県の医療法人敬友会の小机歯科医院と都筑キッズデンタルクリニックの理事長です。

久保倉弘孝氏は1980年代に医院を開業し、日本における根治治療の技術向上に取り組んできました。歯の治療においては根治治療がしっかり行なわれていることが重要であるとして、根治治療では世界トップレベルのアメリカにいち早く渡りました。

久保倉弘孝医師は、米国において世界最先端の技術を学んで国際インプラント学会の認定医と指導医となりました。現在でも若い世代の歯科医に技術を伝えています。

久保倉弘孝氏の著作の「スーパー根治治療K.SRCT」は、高く評価され、週刊新潮の第56回「評判の歯医者さん」にも選ばれてます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2000年から2009年までの間に、子供を中心に虫歯の数の減少が著しくなっています。その背後…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1960年代に入ると日本は高度経済成長期に突入し、以降は1969年まで60年代を通じて驚異的な経済成…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年は昭和45年なので、第二次ベビーブームの真っただ中です。人口が急増して、高度成長期なので食…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代に歯医者を悩ませたドリンクは多数存在していますが、特に歯を溶かすといわれているpHが低い…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    この時代の口臭の定番の解決法といえば「ガムを噛むこと」です。ガムを噛むことでリラックス効果も期待…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1950年から1959年までは日本は目覚ましい経済成長を遂げた時代であり、それと共に海外からのお菓子…
PAGE TOP