1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1980年~1989年に活躍した歯科界の人

久保倉弘孝氏は、神奈川県の医療法人敬友会の小机歯科医院と都筑キッズデンタルクリニックの理事長です。

久保倉弘孝氏は1980年代に医院を開業し、日本における根治治療の技術向上に取り組んできました。歯の治療においては根治治療がしっかり行なわれていることが重要であるとして、根治治療では世界トップレベルのアメリカにいち早く渡りました。

久保倉弘孝医師は、米国において世界最先端の技術を学んで国際インプラント学会の認定医と指導医となりました。現在でも若い世代の歯科医に技術を伝えています。

久保倉弘孝氏の著作の「スーパー根治治療K.SRCT」は、高く評価され、週刊新潮の第56回「評判の歯医者さん」にも選ばれてます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    歯のトラブルでは冷たいものや、熱いものを口にしたときに染みるということがあげられます。こうし…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2000年から2009年までの間に、子供を中心に虫歯の数の減少が著しくなっています。その背後…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代の歯科治療には、虫歯治療の際にアマルガムと言う金属がよく使われていました。歯科修…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    現在では多種多様なデンタルグッズが販売されており、電動歯ブラシやマウスウォッシュ・フロスなどどなたで…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2007年には東京都内の歯科診療所でインプラント治療を受けていた70歳の女性が手術中に動脈損傷がもと…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1987年はバブル前夜といった状況であり、日本人の歯に対する意識にも変化がもたらされた時期でもありま…
SQLSTATE[HY000]: General error: 10 disk I/O error
PAGE TOP