1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1980年~1989年の歯痛の定番解決法

当時の虫歯解決法と云えば、何といっても抜歯でした。あの頃はまだ被せさえ贅沢なものとされていましたから、一部分しか虫歯になっていなくても全部抜いてしまっていたのです。

今思えば強引なやり方ではありましたが、その分今の技術の発達には目を見張るものがあります。現在では被せも非常に安くなり、9割が虫歯になってしまっていても1割だけで元の歯の形を維持できるようになりました。

麻酔も進歩しており、できるだけ副作用のないよう開発が進んでいます。痛くないし怖くもない、そのような言葉が気休めにしかならなかった時代はもうありません。抜いてしまうしか選択のない時代は、終わったのです。

これからも、どんどんと良い方向に進化していくことを皆で願いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代の歯科治療には、虫歯治療の際にアマルガムと言う金属がよく使われていました。歯科修…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2010年から2018年の時期は、インプラントの普及と技術革新の時代と言えます。2010年頃…
  3. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    夜中などに突然歯が痛くなったらどうしたらよいか困ってしまいます。痛いということは虫歯がエナメ…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1951年に日本で起こった出来事として、現在でも大変に興味深いものに「NHK紅白歌合戦」が開始された…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    90年代の解決法の定番はマウスウォッシュです。口臭を解決するには歯を磨くというのが一番ですが、歯磨き…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1956年はアメリカでノンクラスプデンチャーが発明された年です。ノンクラスプデンチャーとは金属の…
SQLSTATE[HY000]: General error: 11 database disk image is malformed
PAGE TOP