1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1980年~1989年の歯痛の定番解決法

当時の虫歯解決法と云えば、何といっても抜歯でした。あの頃はまだ被せさえ贅沢なものとされていましたから、一部分しか虫歯になっていなくても全部抜いてしまっていたのです。

今思えば強引なやり方ではありましたが、その分今の技術の発達には目を見張るものがあります。現在では被せも非常に安くなり、9割が虫歯になってしまっていても1割だけで元の歯の形を維持できるようになりました。

麻酔も進歩しており、できるだけ副作用のないよう開発が進んでいます。痛くないし怖くもない、そのような言葉が気休めにしかならなかった時代はもうありません。抜いてしまうしか選択のない時代は、終わったのです。

これからも、どんどんと良い方向に進化していくことを皆で願いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1990年代の歯に関する大きな出来事と言えば、まず第一に市販の歯磨き粉にフッ素が含まれるようになった…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2000年から2009年までの間に、子供を中心に虫歯の数の減少が著しくなっています。その背後…
  3. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    夜中などに突然歯が痛くなったらどうしたらよいか困ってしまいます。痛いということは虫歯がエナメ…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1960年生まれで歯の美しい芸能人といえば、黒木瞳さんの名があがるのではないでしょうか。かつては…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    虫歯治療のスタイルには技術革新や麻酔薬の進歩など患者への負担を減らし、より歯を削る規模を小さくするな…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1991年に起きた歯のニュースの中で最も有名なのは、アメリカで起きた「キンバリー事件」です。これ…
PAGE TOP