1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1980年~1989年の歯痛の定番解決法

当時の虫歯解決法と云えば、何といっても抜歯でした。あの頃はまだ被せさえ贅沢なものとされていましたから、一部分しか虫歯になっていなくても全部抜いてしまっていたのです。

今思えば強引なやり方ではありましたが、その分今の技術の発達には目を見張るものがあります。現在では被せも非常に安くなり、9割が虫歯になってしまっていても1割だけで元の歯の形を維持できるようになりました。

麻酔も進歩しており、できるだけ副作用のないよう開発が進んでいます。痛くないし怖くもない、そのような言葉が気休めにしかならなかった時代はもうありません。抜いてしまうしか選択のない時代は、終わったのです。

これからも、どんどんと良い方向に進化していくことを皆で願いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1950年代の歯科治療は、戦後に医療法の中に含まれていた分野が1948年に歯科医師法として分かれてか…
  2. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    歯のトラブルでは冷たいものや、熱いものを口にしたときに染みるということがあげられます。こうし…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代の歯科治療には、虫歯治療の際にアマルガムと言う金属がよく使われていました。歯科修…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    この年の4月に、在宅歯科診療が制度に位置付けられました。これにより、患者は自宅にいながら専門家による…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1996年は、第6回日本歯科道具研究会・研究発表大会及び第7回の総会が行われた年です。日本歯科道…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1952年に朝鮮戦争中でしたが、金日成主席は人民の無病長寿のためということで無償治療制度をするという…
SQLSTATE[HY000]: General error: 11 database disk image is malformed
PAGE TOP