1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1980年~1989年の口臭の定番解決法といえば

1980年と言えば、今から約40年ほど前のことになります。

今では口臭予防のための様々な製品が出ていますが、その頃はほとんどなく、多くの人が歯磨きをしたり、水でゆすいだり、うがいをするといった方法で済ましていました。

歯ブラシもそれ程種類がなく、電動タイプが出てくるのは1990年代に入ってからです。口臭が気になる人は、舌も磨いていたと思います。また今でも行いますが、歯の間に食べたものがはさまった場合には、爪楊枝で取り除いていました。歯間ブラシなどなかったのです。1987年になって、ようやく現在では普通に使われている洗口液が日本に登場します。ですが、大ヒット商品となったのは発売開始から6年後になります。

その当時はインターネットはないですし、情報源が少なく口臭発生の原因などがよくわかっていない時代だったので、気になっていたものの歯磨きが一番の解決法だったのでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1950年代の歯科治療は、戦後に医療法の中に含まれていた分野が1948年に歯科医師法として分かれてか…
  2. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    夜中などに突然歯が痛くなったらどうしたらよいか困ってしまいます。痛いということは虫歯がエナメ…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1960年代に入ると日本は高度経済成長期に突入し、以降は1969年まで60年代を通じて驚異的な経済成…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    プロ野球の入団の際の健康診断の中でも口腔の健康状態というのは最も重要なチェック項目となっているのです…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    虫歯治療のスタイルには技術革新や麻酔薬の進歩など患者への負担を減らし、より歯を削る規模を小さくするな…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1971年に日本では、フッ化物に対する基本的見解が発表されています。国民病となったう蝕に対する対…
PAGE TOP