1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1980年~1989年で虫歯の定番解決法といえば

1980年から1989年といえば、バブルに向かう途中の高度成長期時代です。

食の欧米化や甘いお菓子の輸入により、児童の虫歯も増えた時代でした。この時代の定番の治療法といえば軽い虫歯なら削って詰めものをし、手遅れなら抜くという方法です。

デンタルケアという概念は無く、特に永久歯に生えかわる前の児童なら親が糸をくくりつけて抜いたり、ペンチで抜いたりと手荒なことも行われていました。現代ではポピュラーなインプラントなどの最新治療が根付いたのは、2000年に入ってからです。

鎮痛剤を飲まずに直接虫歯に詰めるという当時は有名な民間療法があり、痛みはおさまるものの歯肉炎になるなど、様々な誤解もあった1980年代です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1990年代の歯に関する大きな出来事と言えば、まず第一に市販の歯磨き粉にフッ素が含まれるようになった…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2000年から2009年までの間に、子供を中心に虫歯の数の減少が著しくなっています。その背後…
  3. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    歯のトラブルでは冷たいものや、熱いものを口にしたときに染みるということがあげられます。こうし…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2007年には東京都内の歯科診療所でインプラント治療を受けていた70歳の女性が手術中に動脈損傷がもと…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年背後の年代に重要な影響を与えた芸能人やスポーツ選手の引退が目立った年であり、それまでに類を…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    当時の虫歯解決法と云えば、何といっても抜歯でした。あの頃はまだ被せさえ贅沢なものとされていましたから…
SQLSTATE[HY000]: General error: 11 database disk image is malformed
PAGE TOP