1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1980年~1989年で歯医者を悩ませた歯に悪いドリンク

1980年代に歯医者を悩ませたドリンクは多数存在していますが、特に歯を溶かすといわれているpHが低いワインやビールをはじめ、栄養ドリンクや野菜ジュースなどもpHが低い飲み物なので注意が必要になります。

長い時間pH5.5以下の飲み物に歯が触れてしまうと唾液の分泌量が少なくなり、唾液の力が十分に発揮されなくなってしまうので、あまり時間をかけずに飲むことが大切な要素になってきます。特にワインやビールはゆっくり嗜みながら楽しむ飲み物でもあるので、それによって悪影響が及び、歯を磨かずに寝てしまったりしたら良い状態は保てなくなるので、飲み方と飲んだあとの歯磨きは必ず重要になってきます。

牛乳などはpHが比較的高い飲み物なので安心といえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2000年から2009年までの間に、子供を中心に虫歯の数の減少が著しくなっています。その背後…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2010年から2018年の時期は、インプラントの普及と技術革新の時代と言えます。2010年頃…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年は昭和45年なので、第二次ベビーブームの真っただ中です。人口が急増して、高度成長期なので食…

最近の記事

  1. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    口臭の原因として考えられるのは、歯に付着した食べカスが長期間そのままの状態になっていると発酵すること…
  2. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    プラークと呼ばれている口の中の細菌の塊が、口臭の原因であると考えられています。口の中の細菌が原因…
  3. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    口臭を防ぐためには歯間ブラシを使うことがとても大事になります。食べたものが歯の間に詰まって、それ…
SQLSTATE[HY000]: General error: 11 database disk image is malformed
PAGE TOP