1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1980年~1989年で歯医者を悩ませた歯に悪いドリンク

1980年代に歯医者を悩ませたドリンクは多数存在していますが、特に歯を溶かすといわれているpHが低いワインやビールをはじめ、栄養ドリンクや野菜ジュースなどもpHが低い飲み物なので注意が必要になります。

長い時間pH5.5以下の飲み物に歯が触れてしまうと唾液の分泌量が少なくなり、唾液の力が十分に発揮されなくなってしまうので、あまり時間をかけずに飲むことが大切な要素になってきます。特にワインやビールはゆっくり嗜みながら楽しむ飲み物でもあるので、それによって悪影響が及び、歯を磨かずに寝てしまったりしたら良い状態は保てなくなるので、飲み方と飲んだあとの歯磨きは必ず重要になってきます。

牛乳などはpHが比較的高い飲み物なので安心といえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    夜中などに突然歯が痛くなったらどうしたらよいか困ってしまいます。痛いということは虫歯がエナメ…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年は昭和45年なので、第二次ベビーブームの真っただ中です。人口が急増して、高度成長期なので食…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代の歯科治療には、虫歯治療の際にアマルガムと言う金属がよく使われていました。歯科修…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2010年から2018年に人気があったデンタルグッズのひとつが電動歯ブラシです。家電量販店では美…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年代は歯磨き粉に大きな革命が起こった年代だと言えます。1970年(昭和45年)4月に発売…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    80年代は、「雪見だいふく」や「コアラのマーチ」「ガリガリ君」といった今でも定番のお菓子達が産まれた…
SQLSTATE[HY000]: General error: 11 database disk image is malformed
PAGE TOP