1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1989年に起こった歯のNEWSや世界・日本のニュース

1989年というのは激動の可能性を秘めた年でありました。

1989年に、旧文部省(現文部科学省)が設置した研究班が、歯科治療の現場で発生している金属アレルギーに関しての大規模な疫学的調査を行なったのです。

その調査にかかわった一人である中山秀夫医師は、金属アレルギーの恐ろしさについてこのように語っています。「患者の歯にかぶせた金属が塩分によって溶解し、それが体内に流入していけば発病するリスクはかなり高い。だから歯科治療の金属アレルギーをめぐっての研究に着手したら、驚くほど多くの患者が出てきた」と述べているのです。

当時は原因不明とされていた皮膚疾患が、水銀や銀、銅、ニッケルなどの、歯科治療で使われていた金属のアレルギーに原因していることを明確にしました。このことは全国を驚愕させたのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1950年代の歯科治療は、戦後に医療法の中に含まれていた分野が1948年に歯科医師法として分かれてか…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2000年から2009年までの間に、子供を中心に虫歯の数の減少が著しくなっています。その背後…
  3. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    歯のトラブルでは冷たいものや、熱いものを口にしたときに染みるということがあげられます。こうし…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1966年は弗化物歯面局所塗布実施要領作成された年と言われていますが、この実施要領とは何を意味してい…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    災害の遺体確認等の際に歯の特徴や治療の跡を照合することは最近知られてきたことですが、広島大学と神奈川…
  3. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    歯のトラブルでは冷たいものや、熱いものを口にしたときに染みるということがあげられます。こうし…
PAGE TOP