1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1990年~1999年に人気があったデンタルグッズ

1990年から1999年当たりに人気があったデンタルグッズは、歯磨き粉のアクアフレッシュです。

青・白・赤の3色を用いたカラーリングをしているのが特徴で、青は対口臭で赤は歯垢の除去、白は健康的な歯をイメージしています。

それぞれの色が異なる成分というわけではなくただ色が違うだけで、全体がそれらの効果を伴っています。口から3色がまとめてでてくるイメージが、CMなどで表現されて人々に強い印象を与えました。現在でも市販されていますが、1990年から1999年当たりにその人気のピークがあったと言えるでしょう。

またそれと同時に先端当たりが波状になっていて、良く曲がるように工夫された歯ブラシも同様にブームとなりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1960年代に入ると日本は高度経済成長期に突入し、以降は1969年まで60年代を通じて驚異的な経済成…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代の歯科治療には、虫歯治療の際にアマルガムと言う金属がよく使われていました。歯科修…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2010年から2018年の時期は、インプラントの普及と技術革新の時代と言えます。2010年頃…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1976年は、歯に関する情報をまとめた雑誌等を出版する、デジタルダイアモンド社が設立された年です。…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1972年は歯についての大きな話題はありませんでしたが、世界が注目した札幌オリンピックが行われました…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1967年に歯の解剖学という本が金原出版から出ています。1967年という年は、日本専売公社が葉巻たば…
SQLSTATE[HY000]: General error: 11 database disk image is malformed
PAGE TOP