1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1990年~1999年の歯痛の定番解決法

虫歯治療のスタイルには技術革新や麻酔薬の進歩など患者への負担を減らし、より歯を削る規模を小さくするなどの取り組みが実用化するなど変化が見られます。

他方で時代を経てもなお、あまり変わらない部分もあります。それは虫歯の治療のために必要なトータルの時間はあまり変わっていないと言う事です。今も昔も一回で数本の虫歯を治療して短期間で完遂すると言うのはむしと例外的な治療法といえます。

治療が長期化する理由にはやはり身体にダメージを与えるため、十分回復する時間を確保することが望ましいということがあります。また入れ歯やクラウンなどを製作するための時間が必要な事実もあります。

そのため1990年代の標準的治療に必要な時間はさほど変化はないのが原状です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1990年代の歯に関する大きな出来事と言えば、まず第一に市販の歯磨き粉にフッ素が含まれるようになった…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2010年から2018年の時期は、インプラントの普及と技術革新の時代と言えます。2010年頃…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代の歯科治療には、虫歯治療の際にアマルガムと言う金属がよく使われていました。歯科修…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1976年は、歯に関する情報をまとめた雑誌等を出版する、デジタルダイアモンド社が設立された年です。…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    私たちが普段から口にしている飲み物のなかには、身体には特に悪影響を与えるわけではないにもかかわらず、…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    時代によって歯に対するケアの方法も変わってきました。特に最近では医療の技術が進歩してきた事で治療方法…
PAGE TOP