1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1990年~1999年の歯痛の定番解決法

虫歯治療のスタイルには技術革新や麻酔薬の進歩など患者への負担を減らし、より歯を削る規模を小さくするなどの取り組みが実用化するなど変化が見られます。

他方で時代を経てもなお、あまり変わらない部分もあります。それは虫歯の治療のために必要なトータルの時間はあまり変わっていないと言う事です。今も昔も一回で数本の虫歯を治療して短期間で完遂すると言うのはむしと例外的な治療法といえます。

治療が長期化する理由にはやはり身体にダメージを与えるため、十分回復する時間を確保することが望ましいということがあります。また入れ歯やクラウンなどを製作するための時間が必要な事実もあります。

そのため1990年代の標準的治療に必要な時間はさほど変化はないのが原状です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    歯のトラブルでは冷たいものや、熱いものを口にしたときに染みるということがあげられます。こうし…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年は昭和45年なので、第二次ベビーブームの真っただ中です。人口が急増して、高度成長期なので食…
  3. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    夜中などに突然歯が痛くなったらどうしたらよいか困ってしまいます。痛いということは虫歯がエナメ…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年背後の年代に重要な影響を与えた芸能人やスポーツ選手の引退が目立った年であり、それまでに類を…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年から1989年といえば、バブルに向かう途中の高度成長期時代です。食の欧米化や甘いお菓子…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1990年代に入ると歯科医療でも、マイクロスコープを使用した治療の導入を始めました。マイクロスコ…
PAGE TOP