1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1990年~1999年で歯医者を悩ませた歯に悪いドリンク

1990年~1999年で歯医者を悩ませた歯に悪いドリンクといえば、真っ先に思い浮かぶのが炭酸飲料でしょう。

当時の子供たちは飲み過ぎると歯が溶けるなどと言われてしつけられたものです。安価な容器の普及によって爆発的に売り上げを伸ばした炭酸飲料や清涼飲料水などは、糖分が多く含まれていることが虫歯の原因になりやすいものです。

昔のようないかにもジュースといった濃厚なものから、口当たりのさっぱりしたものに切り替わったのもこの時期なので、水やお茶と同じような感覚でついつい飲み過ぎてしまったり、歯磨きをした後に飲んでしまうことも多くあることから、より悪影響を与えやすい状況を作り出してしまうのも悩みの種でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代の歯科治療には、虫歯治療の際にアマルガムと言う金属がよく使われていました。歯科修…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2000年から2009年までの間に、子供を中心に虫歯の数の減少が著しくなっています。その背後…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1950年代の歯科治療は、戦後に医療法の中に含まれていた分野が1948年に歯科医師法として分かれてか…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1965年には大塚製薬よりオロナミンCが発売されましたが、含まれている成分には糖分があるため虫歯の原…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1960年~1969年で歯を苦しめた美味しい甘い定番お菓子と言えば、駄菓子屋で売られていた駄菓子でし…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2002年に虫歯菌をおよそ3時間で検出することができるという方法の開発がされています。これらは大…

関連リンク

  • 千葉 屋根工事

    千葉で屋根工事をご検討中でしたらぜひ一度当サイトまでお越しください。屋根は家の頭です。日々のメンテナンスをぜひご検討ください。

    www.tomoken-kumamoto.jp/

PAGE TOP