1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1991年に起こった歯のNEWSや世界・日本のニュース

1991年に起きた歯のニュースの中で最も有名なのは、アメリカで起きた「キンバリー事件」です。

これは、歯科医院で治療を受けたことによりHIVに感染したことが明らかとなったという内容の事件で、全米でかなりセンセーショナルに報道されています。

これにより、それまでは性交渉や注射針の使いまわしなどでのみ感染すると考えられていたHIVが、身近なこともリスクになると認識されるようになります。なお、この事件の主人公のキンバリーさんは、1991年の12月8日に23歳という若さで他界しています。

ちなみに、彼女は敬虔なクリスチャンで、薬物やセックスとは全く無縁な生活を送っていたことも人々に大きなショックを与えた要因です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1950年代の歯科治療は、戦後に医療法の中に含まれていた分野が1948年に歯科医師法として分かれてか…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年は昭和45年なので、第二次ベビーブームの真っただ中です。人口が急増して、高度成長期なので食…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1960年代に入ると日本は高度経済成長期に突入し、以降は1969年まで60年代を通じて驚異的な経済成…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    この年、日本の医療史の中で最も激しい闘争が行われました。4月に「国民皆保険」が開始されることが決定し…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1966年は弗化物歯面局所塗布実施要領作成された年と言われていますが、この実施要領とは何を意味してい…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    高齢などの理由で歯が何本か欠損した場合は部分入れ歯やブリッジ、インプラントで補う治療法があります。…
PAGE TOP