1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1996年に起こった歯のNEWSや世界・日本のニュース

1996年は、第6回日本歯科道具研究会・研究発表大会及び第7回の総会が行われた年です。

日本歯科道具研究会とは、現在の日本医用歯科機器学会の前身の団体に当たります。歯科医療に使用される様々な機器の臨床家などの使いやすさを追求し、より良い治療を患者に届けるため新しい機器の開発やアイデアを発表していく団体です。

この総会の中では歯科道具の歴史についての特別講演が行われたほか、ニューメディアにおけるインフォームドコンセントを題材にしたシンポジウムなどが行われました。この研究会及び総会は同年5月11日・12日の2日にわたって行われ、当時の最先端技術が数々紹介されました。

こうした取り組みが現在の機器などの発展の礎を支えてきたのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年は昭和45年なので、第二次ベビーブームの真っただ中です。人口が急増して、高度成長期なので食…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1960年代に入ると日本は高度経済成長期に突入し、以降は1969年まで60年代を通じて驚異的な経済成…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1990年代の歯に関する大きな出来事と言えば、まず第一に市販の歯磨き粉にフッ素が含まれるようになった…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1950年~1959年はちょうど日本が戦後の復興を遂げてきた時期ですので、この時代の口臭対策の方法と…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1989年というのは激動の可能性を秘めた年でありました。1989年に、旧文部省(現文部科学省)が…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    90年代の解決法の定番はマウスウォッシュです。口臭を解決するには歯を磨くというのが一番ですが、歯磨き…
SQLSTATE[HY000]: General error: 11 database disk image is malformed
PAGE TOP