1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

2000年~2009年の歯に関する時代背景とは

2000年から2009年までの間に、子供を中心に虫歯の数の減少が著しくなっています。

その背後には小中学校における予防教育があり、虫歯を未然に防ぐことに成功している児童や生徒の数も多いです。とりわけ学校で給食を食べた後で歯磨きをすることが、予防にも大きな威力を発揮しています。

更にデンタルクリニックの数も増えたために、気軽に受診できるようになったのがこの時代の特徴です。特に夜間や休日に診療を行っているクリニックが増加したことで、大人も我慢せずにいつでも受診できるようになりました。そして見た目を重視する傾向が強まったことも、虫歯の早期治療につながっています。

そのために自由診療を希望する患者も多くなり、とりわけ矯正治療への需要が高まっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1960年代に入ると日本は高度経済成長期に突入し、以降は1969年まで60年代を通じて驚異的な経済成…
  2. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    夜中などに突然歯が痛くなったらどうしたらよいか困ってしまいます。痛いということは虫歯がエナメ…
  3. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    歯のトラブルでは冷たいものや、熱いものを口にしたときに染みるということがあげられます。こうし…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    久保倉弘孝氏は、神奈川県の医療法人敬友会の小机歯科医院と都筑キッズデンタルクリニックの理事長です。…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1950年~1959年にかけて、虫歯に苦しんでいる人がたくさんいました。それは子どもだけに限らず大人…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    歯に悪いドリンクとして1960年~1969年に考えられていたドリンクはpH5.5以下のものです。…

関連リンク

  • 遮光カーテン

    遮光カーテンのことならふくろうのカーテンにお任せを!引っ越しや模様替えにカーテンは必須ですよね?それなら機能性のある遮光カーテンから選びませんか??遮光カーテンは専門店で選ぶのが一番。日本最大級の品ぞろえから遮光カーテンを選んでみてください☆

    www.curtain-fukuro.jp/

PAGE TOP