1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

2000年~2009年の歯痛の定番解決法

平成も終わろうとしていますが、虫歯などに悩む方が多いのは時代をとわず数多くいらっしゃいます。

すこし前の2000年から2009年頃に定番だった歯痛の解決法にはいたみに効くツボを圧迫するというものがありました。そのツボというのは「合谷」(ごうこく)と呼ばれるところで、手の背面の親指と人差し指から伸びている腱が合流するあたりのある場所にあるツボです。

その部分を少し痛みを感じるくらいに、強く押したり揉んだりするという非常にシンプルなもの。ここでも芳しくないときには手の平の中指の付け根にある、その名も「歯痛点」というツボを爪を立てたり指で強く押すなどするといたみも柔らぐとされています。

薬が手元にないときでも実践できるので今でも便利な対処法です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1950年代の歯科治療は、戦後に医療法の中に含まれていた分野が1948年に歯科医師法として分かれてか…
  2. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    歯のトラブルでは冷たいものや、熱いものを口にしたときに染みるということがあげられます。こうし…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1960年代に入ると日本は高度経済成長期に突入し、以降は1969年まで60年代を通じて驚異的な経済成…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1965年には大塚製薬よりオロナミンCが発売されましたが、含まれている成分には糖分があるため虫歯の原…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年代は、どこの歯医者にも行列ができるとニュース等で取り上げられたりする程に虫歯の洪水時代でし…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2018年といえば平成最後の大晦日を迎えたことから、平成最後というキーワードが際立った年度だったこと…
SQLSTATE[HY000]: General error: 11 database disk image is malformed
PAGE TOP