1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

2000年~2009年の口臭の定番解決法といえば

2000年から2009年にかけての口臭対策の定番というのはかなり多くあります。

なぜならばこの時期というのは歯に対する関心が高まってきて、口臭対策グッズなども多く開発され販売されるようになってきた時期だからです。

代表的な商品としては臭いの強いものを食べた後に内服するタイプのものや、歯を磨いた後にスプレーするスプレー式の対策グッズです。これらは携帯できる小さいものが多いという特徴があり、どこにでも持っていける便利さがありました。歯磨きをした後の口臭対策の方法として定番だったのが、マウスウォッシュや舌ブラシなどです。

こうした便利なグッズを使うことによって歯に付いた汚れだけでなく、口内の臭いを防ぐことができたのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1950年代の歯科治療は、戦後に医療法の中に含まれていた分野が1948年に歯科医師法として分かれてか…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1990年代の歯に関する大きな出来事と言えば、まず第一に市販の歯磨き粉にフッ素が含まれるようになった…
  3. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    夜中などに突然歯が痛くなったらどうしたらよいか困ってしまいます。痛いということは虫歯がエナメ…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2010年~2018年で歯を苦しめた美味しい甘い定番お菓子と言えば、昔からある小さい子供たちに人気の…
  2. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    虫歯になってクリニックで治療を受ける場合、症状によって治療法も料金も変わります。軽い症状であれば…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1981年(昭和56)の6月に銘柄別収載方式による薬価基準の全面改定が行われました。銘柄別収載方…
SQLSTATE[HY000]: General error: 11 database disk image is malformed
PAGE TOP