1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

2000年~2009年の口臭の定番解決法といえば

2000年から2009年にかけての口臭対策の定番というのはかなり多くあります。

なぜならばこの時期というのは歯に対する関心が高まってきて、口臭対策グッズなども多く開発され販売されるようになってきた時期だからです。

代表的な商品としては臭いの強いものを食べた後に内服するタイプのものや、歯を磨いた後にスプレーするスプレー式の対策グッズです。これらは携帯できる小さいものが多いという特徴があり、どこにでも持っていける便利さがありました。歯磨きをした後の口臭対策の方法として定番だったのが、マウスウォッシュや舌ブラシなどです。

こうした便利なグッズを使うことによって歯に付いた汚れだけでなく、口内の臭いを防ぐことができたのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    歯のトラブルでは冷たいものや、熱いものを口にしたときに染みるということがあげられます。こうし…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2000年から2009年までの間に、子供を中心に虫歯の数の減少が著しくなっています。その背後…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1960年代に入ると日本は高度経済成長期に突入し、以降は1969年まで60年代を通じて驚異的な経済成…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    平成も終わろうとしていますが、虫歯などに悩む方が多いのは時代をとわず数多くいらっしゃいます。すこ…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    日本では、「歯の衛生週間」と呼ばれるものは1985年に定められました。この政策は歯の衛生を守る期…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1954年には医療法・医師法(歯科医師法)が発行されています。この年の出来事ですが、1月には皇居…
PAGE TOP