1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

2000年~2009年で虫歯の定番解決法といえば

虫歯はミュータント菌などの雑菌による感染症というのが病気の実態です。

子供の時期に親との接触の中で親子間で感染が受け継がれていくことが虫歯に悩む子供が多い理由であって、その後の長い生涯にわたって虫歯に悩まされるという負の連鎖が連綿と続いてきました。

しかしここ20年ほどの間に虫歯についての啓蒙が盛んに行われたことで、不用意に親子間で口移しで食べ物を与えるなどの習慣は次第に見られなくなっています。こういった一連の取り組みが効をそうすることになる虫歯に悩む子供の数は減少しています。

感染症であれば下手に感染するきっかけを厳に控える生活習慣の礎が形作られたのが2000年から2009年にかけての平成中盤のだったと評価することが出来るでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    歯のトラブルでは冷たいものや、熱いものを口にしたときに染みるということがあげられます。こうし…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1960年代に入ると日本は高度経済成長期に突入し、以降は1969年まで60年代を通じて驚異的な経済成…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年は昭和45年なので、第二次ベビーブームの真っただ中です。人口が急増して、高度成長期なので食…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1968年は日本経済が非常に好調で人口も右肩上がりに増加していました。そのため歯科医を必要とする患者…
  2. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    良い歯医者さんと聞くと、まず考えつくのが「施術の腕が優れている人」です。確かに、腕のいい歯医者さ…
  3. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    歯磨きをしても口臭を気になって、息清涼カプセルやミントタブレットなどを食べることもあると思います。…
PAGE TOP