1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

2000年~2009年で歯を苦しめた美味しい甘い定番お菓子

お菓子の流行は年代によって変わってきますが、2000年~2009年に歯を苦しめた甘いお菓子はどんなものだったのかも知りたいところです。

まず、歯のつらさと言えば、冷たいものを食べたときに染みるということがあげられます。特に夏場は冷たいお菓子が恋しくなりますが、定番の歯を苦しめるお菓子としては、アイスクリーム、シャーベット、かき氷などがあげられます。

さらに、歯を苦しめる甘いお菓子としては、チョコレートも根強い人気を持っています。特にバレンタインシーズンは多くの人からチョコレートをもらう男性も多く、虫歯が悪化した人もあるのではないでしょうか。

この他でお餅を使ったぜんざいなどもブリッジや詰め物を外しやすくしてしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    夜中などに突然歯が痛くなったらどうしたらよいか困ってしまいます。痛いということは虫歯がエナメ…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年は昭和45年なので、第二次ベビーブームの真っただ中です。人口が急増して、高度成長期なので食…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1990年代の歯に関する大きな出来事と言えば、まず第一に市販の歯磨き粉にフッ素が含まれるようになった…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1993年の日本は色々なニュースがありました。皇太子殿下のご成婚やサッカーのJリーグ開幕など、新…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年代は歯磨き粉に大きな革命が起こった年代だと言えます。1970年(昭和45年)4月に発売…
  3. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    プラークと呼ばれている口の中の細菌の塊が、口臭の原因であると考えられています。口の中の細菌が原因…
PAGE TOP