1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

2000年~2009年で歯を苦しめた美味しい甘い定番お菓子

お菓子の流行は年代によって変わってきますが、2000年~2009年に歯を苦しめた甘いお菓子はどんなものだったのかも知りたいところです。

まず、歯のつらさと言えば、冷たいものを食べたときに染みるということがあげられます。特に夏場は冷たいお菓子が恋しくなりますが、定番の歯を苦しめるお菓子としては、アイスクリーム、シャーベット、かき氷などがあげられます。

さらに、歯を苦しめる甘いお菓子としては、チョコレートも根強い人気を持っています。特にバレンタインシーズンは多くの人からチョコレートをもらう男性も多く、虫歯が悪化した人もあるのではないでしょうか。

この他でお餅を使ったぜんざいなどもブリッジや詰め物を外しやすくしてしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2010年から2018年の時期は、インプラントの普及と技術革新の時代と言えます。2010年頃…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1950年代の歯科治療は、戦後に医療法の中に含まれていた分野が1948年に歯科医師法として分かれてか…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2000年から2009年までの間に、子供を中心に虫歯の数の減少が著しくなっています。その背後…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2016年に起こった歯に関する大きなニュースのひとつが虫歯菌が脳出血に関与していることを大阪大と京都…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2010年から2018年の時期は、インプラントの普及と技術革新の時代と言えます。2010年頃…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2017年にはアメリカでトランプ氏が大統領に就任したり、北朝鮮が6回目の核実験をするなど、世界的にも…
SQLSTATE[HY000]: General error: 11 database disk image is malformed
PAGE TOP