1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

2000年に起こった歯のNEWSや世界・日本のニュース

2000年の日本は少子高齢化が懸念されていたもののまだ経済や社会に余力がありました。多くの人々が歯科医による治療を必要とした時代です。

2000年にも日本や世界では様々な出来事が起きています。1月1日は2000年代最初の日でいわゆる2000年問題が懸念されていましたが、特に大きな問題は起きませんでした。

ただし2月29日に閏日問題が発生して不具合が発生したコンピュータがありました。6月1日にはドイツでハノーバ万博が開幕しています。また同月26日にはヒトゲノムのドラフト配列の終了が宣言されました。9月15日にはオーストラリアでシドニーオリンピックが開幕しています。

10月12日にはサッカーのアジアカップが中東のレバノンで開催されました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2010年から2018年の時期は、インプラントの普及と技術革新の時代と言えます。2010年頃…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1950年代の歯科治療は、戦後に医療法の中に含まれていた分野が1948年に歯科医師法として分かれてか…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2000年から2009年までの間に、子供を中心に虫歯の数の減少が著しくなっています。その背後…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1962年の7月に「日歯ニュース」を「日歯広報」という名前に改称をしたというニュースがあります。…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1990年代に医療界に起きた大きな出来事として、保険診療の対象となる治療が大幅に広がったことがありま…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1952年に朝鮮戦争中でしたが、金日成主席は人民の無病長寿のためということで無償治療制度をするという…

関連リンク

  • 福岡 ガン治療

    福岡天神がんクリニックは、がん治療だけでなく、心のケアもおこなってくれます。治療に関して不安なことや不明点は、いつでも遠慮なく問合せすることができます。現在がんでない方々にも寄り添うクリニックです。少しでも気になった方は、見てみてください。

    tenjin-cc.net/

PAGE TOP